Nickey-Zackey

海水魚・サンゴ飼育や日々の出来事を記録する日記や雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

バイオペレットの限界か。。。?

どうも!

少し前に手に入れたNew緑玉こいつがワタシにもたらしたものは
お前の水槽のPO4は
0.00ppmなんかじゃねーよ


IMG_2729.jpg

と言う驚愕の?事実であった。。。ガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ン!!

ご覧の通り、旧緑玉では0.00ppm New緑玉では17*91/35=52ppbだから・・・
0.052ppm!!

その後も日をおいて何度か測定するも、
大体14~17ppb:0.043~0.052ppmの範囲。
やっぱうちの水槽は0.00ppmじゃねーやw

こんな水槽でもNO3はたぶんw0.00ppm ( ゚∀゚)
なぜって?

IMG_2736.jpg

30分放置してもチョットも変色しません!
だ・か・らっ
NO3は0.00ppmってことでい~んですっ!!
まっ、このNO3の事は一先ずちょっと置いといて。。。

PO4がそこそこ有るのは以前記事にした、ウチの給餌量がかなり影響しているでしょう。
それでもこの程度の栄養塩で維持できているのは、
バイオペレットのお陰で間違いないっ!


でもそれってホント~?? (゚ペ)?
試に給餌後しばらくしてから水質測定、PO4とNO3を測ってみたよ。
NO3は相変わらず0.00ppm
で、PO4は?

IMG_2737.jpg

28ppb:0.086ppm
ぐはっ、0.1ppmが見えてきた。。。
でもこれが翌日には、通常値の0.04~0.05ppmに戻るんですよね。
バイオペレットがシカーリ機能している証拠??
と信じてまぬw

十分効果は出ているけれどウチの環境(魚、給餌共に多い)では
0.05ppmあたりがバイオペレットの限界か??
やっぱりもっと上のステージへ逝きたいですよねw

そこでちょっと妄想してみたw・・・
なんとかもっとリン酸塩を下げられないものかと。

化学とかは得意じゃないので詳しいことは解かりませんから ( ゚∀゚)
なんとなーくのイメージで説明します、話半分でお楽しみくださいww

どうやらナンチャラって言うバクテリアのいる状態で炭素源(炭素)を添加することで
NO3、PO4が減少するわけですが、ザックリwイメージしているのは、、、
バクテリアが炭素を利用してNO3を分解してNを取り込みます。
このとき、この時にPも併せて少しだけ取り込むようです。
そしてこのN,Pを取り込んだナンチャラバクテリアをスキマーなどで取り出す。
こうしてNO3,PO4が減少する・・・らしいw

この時の炭素、窒素、リンの消費バランスがあるようですけど、
ザックリな私はw
炭素:スッゲーいっぱい 窒素:たくさん リン:ちょっと
こんな感じですww

つまり、リン(リン酸塩)を消費させるには
スッゲーいっぱいの炭素とたくさんの窒素が必要となるわけです。
(ぴ@調べw)

って事は、
前出のNO3が0.00ppmってのはやっぱりPO4処理の限界を表しているのでは?
と、思いました。(あくまで妄想の範疇w)
ただ、窒素が枯渇しているって訳では無く
ウチのNO3発生量では現状でバランスを取っているって感じでしょうか。
給餌後にPO4が上昇してもまた落ち着くのは
PO4と同時にNO3も合わせて上昇した分で消費されるのでしょう。
でも試薬に出ないのはなぜでしょう?w
排泄までの時差??まぁ、いっかww (゚▽゚*)

じゃあ、
炭素はバイオペレットから十分添加されています。
リン(リン酸塩)は水槽に存在しています。
足りない窒素は??
足りないものは足すしかない!
窒素の添加をどうするか?
園芸肥料を使う?薬品を使う?アプローチの方法はいろいろありそうですが、
どうもしっくりきません。
なんかこう、もっとお手軽な感じで窒素を添加したい。。。

・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・・あるじゃん♪


外から入れるより、水槽内の窒素発生量を上げてやる。
つまり、NO3発生量を上げる。。。w
もう解かりましたよねww ( ´艸`)

IMG_2740.jpg
NO3をあえて発生させてPO4を下げてみよう!

ウールBOXの仕切りの下にリング濾材を少量(500cc)入れて
チョイ強制濾過エリア
を作ってみました♪

これで何かを添加することなく、水槽内で発生するだけのもので
窒素(NO3)を増やすことが出来そうです。
濾材の量も控え目なので危険は少ないでしょう、たぶんww

目下トライアル中ですので結果はそのうちにw
手ごたえは悪くないです、、、のはずだww

ではでは~ ピューッ!≡≡≡ヘ(*゚∇゚)ノ

注)この実験はあくまでウチの水槽環境での事象です。
  環境によっては合う合わないがありますのでご注意ください。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ぴろっく@さんこんばんわ♪

なるほど~色々考えてますね(^-^)

強制濾過があるとベルリンの弱点である
濾過スピードが上がり魚も飼いやすくなりそうですね♪

経過楽しみにしてます( ・∇・)

まさ | URL | 2013-07-15(Mon)01:17 [編集]


おはようございます!ざっくり師匠(*'-'*)

なるほど〜ざっくり書いて頂くのは素人の僕には非常にわかりやすい!(笑)
緑玉大作戦はこの事だったのですね(´∀`)
魚が多い水槽でベルリンの限界ってことなのかな?それを強制濾過でミドリイシも飼育できれば最強だ!って解釈でよろしい?w
僕のざっくりには勝てないでしょうね(笑)

毒舌パパ | URL | 2013-07-15(Mon)07:52 [編集]


こんにちわ。

「ざっくり」解説でわかりやすかったですよ。
NO3を意図的に増やすといっても、単に生体を増やすのでは
またバランスが崩れるかもしれないし、うまく調節できない
ですが、この方法で強制ろ過をとりいれれば、様子を見て
加減もできますよね。

これでうまいこと14~17ppbの壁を突き破ることができれば完成度の高いシステムが完成しますね。
でも、これをマネするといってもむずかしいすなぁw

あくあ12 | URL | 2013-07-15(Mon)18:46 [編集]


まささん

まささん、こんばんは。

> なるほど~色々考えてますね(^-^)
考えるのは無料ですからw
実現と上手く行くかは別の話ww
でも考えるのは楽しいですよ。

> 強制濾過があるとベルリンの弱点である
> 濾過スピードが上がり魚も飼いやすくなりそうですね♪
狙いは濾過スピードの上昇では無いんです。
リン酸塩の除去に必要な窒素を得る為に付けました。

> 経過楽しみにしてます( ・∇・)
了解!また経過の報告しますね。
今のところトラブルなく運用しています。

ぴろっく@ | URL | 2013-07-15(Mon)21:24 [編集]


毒舌パパさん

毒パパさん、こんばんは。

> ざっくり師匠(*'-'*)
ざっくりってw
バッサリ切られそうですww

> なるほど〜ざっくり書いて頂くのは素人の僕には非常にわかりやすい!(笑)
伝わりましたかw
よかった~、ワタシの理解度もザックリなんで。。。

> 緑玉大作戦はこの事だったのですね(´∀`)
ですデスDEATH。
でも、大作戦って程じゃ、、、
> 魚が多い水槽でベルリンの限界ってことなのかな?それを強制濾過でミドリイシも飼育できれば最強だ!って解釈でよろしい?w
う~ん、ちょっと違うw
魚もサンゴも状態はまずまずで飼えています。
強制濾過も不足している窒素分を供給するだけの目的で♪

> 僕のざっくりには勝てないでしょうね(笑)
参りましたw毒パパさんは1級ザックリストですね ( ´艸`)

ぴろっく@ | URL | 2013-07-15(Mon)21:45 [編集]


あくあ12画伯

あくあタマ、こんばんは。

> 「ざっくり」解説でわかりやすかったですよ。
解かっていただけましたか!
よかった♪
基本ザックリですから、細かいことは・・・気にすんなww ワカチコワカチコ(古っ

> NO3を意図的に増やすといっても、単に生体を増やすのでは
> またバランスが崩れるかもしれないし、うまく調節できない
> ですが、この方法で強制ろ過をとりいれれば、様子を見て
> 加減もできますよね。
生体を増やしてもその分給餌も増えると思うので、ザックリ言えば変わんないのかな?
仰る通り、この方法なら濾材の量で調整しやすいので良いかなって。

> これでうまいこと14~17ppbの壁を突き破ることができれば完成度の高いシステムが完成しますね。
安定的に下がれば一段進んだと判断しようと思います。
でも、0ppbにならない程度に留めたいですね。

> でも、これをマネするといってもむずかしいすなぁw
旧緑玉の0.00ppmでも十分飼育して来れましたから、ここまでやらずともw
あくまで実験ですので、、、
スッゲー良くなればお勧めしますww

ぴろっく@ | URL | 2013-07-15(Mon)22:02 [編集]


これは面白い!
リービッヒ的な発想ですね。

どうなるか楽しみです。

どにゃ | URL | 2013-07-16(Tue)13:00 [編集]


どにゃさん

どにゃさん、こんにちは。

> これは面白い!
でしょw
常識的じゃない実験を展開ちうですww

> リービッヒ的な発想ですね。
リ、リービッヒ??
ピッピサンダルならわかりますw
どにゃさん相変わらず博学ね。

> どうなるか楽しみです。
上手くいったらいいんですけどねw
失敗してもネタ的にはアリか。。。
でも、ダメージデカ杉。

ぴろっく@ | URL | 2013-07-16(Tue)14:26 [編集]


ぴろっく@さん、こんにちは!

リン酸対策に、吸着剤とかを使わないのは何か理由があるんですか?持続可能なシステムを確立するとか、、、

うちのお魚はひょんなことから鉄分が合わないことが分かっていてローワフォスとか使えないんですが、ぴろっく@さんのところで使わないのはなんでだろう?と思いまして。。。

はなちゃんパパ | URL | 2013-07-16(Tue)14:32 [編集]


はなちゃんパパさん

はなちゃんパパさん、こんにちは。

> リン酸対策に、吸着剤とかを使わないのは何か理由があるんですか?持続可能なシステムを確立するとか、、、
そこそこ使ってましたよw
デルフィスのフォスト、SNMのPASといった吸着剤や、ハートトレードのフォスフェイトリムーバーとか。
一番効きそうなローワフォスは使いませんでした、一番効果ありそうなのにww
吸着系は吸着しきるとそれ以上は処理しなくなり、下手なものでは再放出もあるようでしたし、添加系は面倒臭いしw
バイオペレットにして軌道に乗ってからはリン酸塩はぐんぐん下がっていきました。
たぶんウチのリン酸塩発生量は半端なさそうですから、こういった類ではメンテにコストに大変でしょうからね。
結局短周期のメンテナンスが煩わしいってのが一番の理由でしょうか?

> うちのお魚はひょんなことから鉄分が合わないことが分かっていてローワフォスとか使えないんですが、ぴろっく@さんのところで使わないのはなんでだろう?と思いまして。。。
あの粉っぽさと袋に入れても漏れだしそうなので、、、お値段も。
で、ちょっと敬遠してました。
良い吸着剤ってのは解ってますけどね。

ぴろっく@ | URL | 2013-07-16(Tue)15:39 [編集]


ぴろっく@さん、回答ありがとうございます!

>吸着系は吸着しきるとそれ以上は処理しなくなり、下手なものでは再放出もあるようでしたし、添加系は面倒臭いしw

確かに処理の限界とか、再放出とかは、見えないだけにコワイ部分はありますよね。

今思えば、私がローワフォスを使うにあたって、困っちゃったのは、使用すべき量でした。海水○Lにつきローワフォス○mlって書いてあるんですが、ローワフォスは水じゃないのでml=グラムっていう換算ができなくて、しかもローワフォスの比重もわからないし。。。加えて、リン酸の濃度によってはもっと多く投入する必要がある、みたいに書かれていて、使用する側からすると、ちょっとわかりにくいんですね。。。で、結局は少量をテキトーって具合で使っていました。交換時期も見えにくいというのは感じました。

>バイオペレットにして軌道に乗ってからはリン酸塩はぐんぐん下がっていきました。

コケッコケのわが家としては、気になるアイテムですね。。。たぶんうちの生体では必要ないですが、いつか遊んでみたくなったら手を出してみるかもですね。。。
(^ ^;

>あの粉っぽさと袋に入れても漏れだしそうなので、、、お値段も。

粒が微少すぎて、漏れていたとしても確認はできないと思います。。。。それってちょっとイマイチポイントですね。

バイオペレットって、薬じゃなくて、生物濾過の補助装置みたいなものですもんね。どことなくそちらの方が健全な感じがして好感持てますね。。。。

ありがとうございました。参考になりました♪

はなちゃんパパ | URL | 2013-07-16(Tue)16:47 [編集]


はなちゃんパパさん

どもども。

> ぴろっく@さん、回答ありがとうございます!
回答になってましたか?
書きながらよう解からんようになってしまってw

> 今思えば、私がローワフォスを使うにあたって、困っちゃったのは、使用すべき量でした。海水○Lにつきローワフォス○mlって書いてあるんですが、ローワフォスは水じゃないのでml=グラムっていう換算ができなくて、しかもローワフォスの比重もわからないし。。。加えて、リン酸の濃度によってはもっと多く投入する必要がある、みたいに書かれていて、使用する側からすると、ちょっとわかりにくいんですね。。。で、結局は少量をテキトーって具合で使っていました。交換時期も見えにくいというのは感じました。
ml=グラムにしなくても単純に体積でおkじゃないかな。
アクアリウムでは結構この表記はありますが、ワタシは単純に体積で計っていましたよw
100均の計量カップでww

吸着系の交換時期は表記に頼るしかありませんから、、、でも活性炭はスタンバっています。

> コケッコケのわが家としては、気になるアイテムですね。。。たぶんうちの生体では必要ないですが、いつか遊んでみたくなったら手を出してみるかもですね。。。
> (^ ^;
はなパパさんの環境だとコントロールし難いかな、水量が少ないので良くも悪くも変化が急激になりますから。
でもリン酸に困ってでも吸着系は嫌なら一考の価値はあるかも。

> 粒が微少すぎて、漏れていたとしても確認はできないと思います。。。。それってちょっとイマイチポイントですね。
ですです。
確認できないのは困ります。。。
ローワフォスは鉄系なんで特にw

> バイオペレットって、薬じゃなくて、生物濾過の補助装置みたいなものですもんね。どことなくそちらの方が健全な感じがして好感持てますね。。。。
一段階シフトUPしたシステムですね。
ある程度の魚密度でありながら、低栄養塩環境で飼育したい方(魚サンゴ問わずw)にいいと思います。
私感ですよww

> ありがとうございました。参考になりました♪
どういたしまして!
ではでは~。

ぴろっく@ | URL | 2013-07-16(Tue)21:46 [編集]


おお!これは目から鱗な!
ただ、なるべくBPリアクターの近くに濾材を置きたくなりますね。
これでうまくいくようなら、また真似したく……

……あれ?
そういえば、何年も前にうちの水槽に底面還元BOXなんていう脱窒目的の物入れたっけ。
岩組の中に埋まっていて、もはや回収不可能な… 。

もしかして、私その方法もう既に実践していたのかも。

イェーガー | URL | 2013-07-17(Wed)18:47 [編集]


イェーガーさん

イェーガーさん、こんばんは。

> おお!これは目から鱗な!
でしょw
サンゴ水槽?に強制濾過なんてww
硝酸減らしたい人は多いですが、あえて出してみました。

> ただ、なるべくBPリアクターの近くに濾材を置きたくなりますね。
> これでうまくいくようなら、また真似したく……
ウールBOXにはBPリアクターからの排水は出てますが、吸い込み口はサンプの中央付近です。
ポンプの吸い込み口のカバー内に濾材ぶっこむのも蟻かな?
やり杉レベルを把握しないと本末転倒になりかねないですよw

> ……あれ?
> そういえば、何年も前にうちの水槽に底面還元BOXなんていう脱窒目的の物入れたっけ。
> 岩組の中に埋まっていて、もはや回収不可能な… 。
還元BOX、使ったことあるな~w
スポンジと炭素源の入ってるやつ。
当時のワタシのボンクラレベルでは、効果のほどが解からなかったのが残念。
あっ、今もあんまり変わんねーやww

> もしかして、私その方法もう既に実践していたのかも。
ってことは、バイオペレットは順調に運用中ですね!
PよりNの方が先に無くなりますからね。

ぴろっく@ | URL | 2013-07-17(Wed)21:44 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。